FC2ブログ

Hiroaki Yoshida Official Blog

Make money in the market!

FOMC議事録を受けて

FOMC議事録が公開されました。

発表後は以下のようにドルが下落したことは想定通りでしたが
それほど大きな動きにはなりませんでした。

先日の雇用統計発表時も、予想21万人→発表28.8万人と、すごい数字が出たにも関わらず
ドル円は瞬間0.30円ほど上昇したに過ぎず、その後は売られましたから、いまの地合いですと
なかなか値幅は出ないようですね。

ということで、ドル円は少し売るのが早かったようですが、予定通り本日15:15に決済します。

20140709fomc1.png

以下ロイターより、FONC議事録の詳細になります。

[ワシントン 9日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が9日に公表した6月17─18日分の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨によると、金融緩和の解除に向けた出口戦略の詳細について検討を始めたことが明らかになった。

10月の証券購入終了が示唆されたほか、金融政策の正常化に向けてはリバースレポと超過準備預金金利(IOER)の双方を活用して政策金利の上限と下限を定める方向で、当局者らがおおむね一致した。正式な決定はなかったが、多くの参加者がIOERとリバースレポの金利差を20ベーシスポイント(bp)程度とすることを支持したという。  

議事要旨によると、FOMC参加者は米国債と住宅ローン担保証券(MBS)の月々の購入を10月に終えることについて「おおむね賛成」した。別の選択肢として、月額50億ドルの証券購入を12月まで続ける案も挙がったが「ほとんどの参加者がテクニカルな問題であり、実質的なマクロ効果はないという見方だった」。  

4兆2千億ドルに上る保有証券が満期を迎えた後の再投資方針についても、より詳細な議論がなされた。金融市場を混乱させずに保有証券を減らす上で、再投資の打ち切りを利上げ開始の前か後かにするか意見が割れた。  

再投資を徐々に減らしていく案も出た。「なめらかにバランスシートを縮小」するために、一部を再投資する可能性もある。  

FRBの量的緩和策が金融市場に大量の資金を流し込んでおり、金利を調節するためのフェデラル・ファンド市場への日常的な参加ができなくなることは、出口戦略を複雑なものにしている。リバースレポと超過準備預金金利(IOER)は、利上げ開始が適切と判断された場合、金利を操作する新たな手段となる。

リバースレポは現在、試験的に運用されているが、将来的には正式に導入されるとみられる。銀行のみならずFRBに資金を預け入れることができないマネーマーケットファンドや住宅ローン機関が抱える資金のコントロールにも役立つ見通し。IOERを上げ下げすることで、金融機関がFRBに預ける資金の量を調整することが可能になる。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2014/07/10(木) 07:29:35|
  2. 売買プラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<予定を変更します。 | ホーム | 今晩はFOMC議事録公開>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://225f225.blog.fc2.com/tb.php/55-51738ad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (18)
売買記録 (24)
売買プラン (61)
検証結果 (5)
メルマガ (4)
市況 (20)
動画 (7)
昔の動画 (1)
(過去の記事) (1)
プレゼント (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR