2014/06/23

5208 有沢製作所

ルーズベルトゲームは終わってしまい、青島製作所野球部は廃部に
なってしまいました。

それにしても、今回のルーズベルトゲーム、なんとも「昭和」な雰囲気で
とっても心温まるものがありました。

まるで高校野球のような応援歌。
そして水戸黄門のようなミエミエのハッピーエンド。
頭を休めるにはとてもいいTVでした。

おっと、、、すみません。
本題は青島製作所ではなく、有沢製作所(5208)です。

かなり上げて来ていますが、まだ割安だと思います。

相場全体がクラッシュする可能性は否定しませんので、ここから割高な
銘柄を買う場合は短期でササッとやらないとリスクがあると思っています。

一方、割安で中長期で保有したい銘柄をいまから買う場合は無理せず、少しずつ。

本気を出して買うのはクラッシュが来た時です。

そしてクラッシュはいつ来るかわかりません。

野村の先輩いわく
「中国の崩壊は明日かもしれないし、10年後かもしれない」
はい、そんなものだと思います。

正確に予測できるはずもありませんから、正確に予測しようとしてもあまり意味がありません。
(個人的には、中国の崩壊より地震でのクラッシュの方が早いと思っています。←根拠無しです)

ということで、割安と判断した銘柄については、コツコツと安い日に拾う。
(安い日がなかなか無いのですが。。。^^;)

投資は 稼ごうという気持ちを抑え、負けないことを最優先に考えるくらいで
ちょうどいいのだと思います。

あまりビビッていては結果がでないので、これはその人のいまの立ち位置にも
よりますが、自分はいつもそう言い聞かせるようにしています。

負けないこと、損をしないことを第一義としながらも
それでもなお打って出ないと。と思える時に出て行きます。
そういう時は腹が据わります。
たとえ負けても後悔はしませんから、途中であたふたすることもありません。
腹の据わらない時、つまり、「それでもなお」という心理的過程を通過していない
エントリーは、安易なエントリーであり直感的であることが多く、その後、すぐに
後悔や迷いが生じてしまいます。
そうなったもうグダグダです(笑)

今日の先物の売りや、上記、有沢の買いなどは負けても後悔はありません。

人は誰でも間違えるものですから。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント