2014/08/25

FOMCプレイの経過 その2

FOMCプレイの続きです。

8月20日 
寄り引け 売り ラージ+60円、ミニ+55円
ON    売り  ラージ-110円、ミニ-100円

8月21日
寄り引け 買い ラージ+20円、+30円
ON    買い  ラージ+70円、+60円

ラージ合計:+40円  ミニ合計:+45円

まではお伝えした通りで、その後は

8月22日
寄り引け 売り ラージ+70円、+65円
ON    買い  ラージ+40円、+35円

となったので

トータルでは、ラージ +150円 ミニ +145円

で今回は終了です。

20日のONが痛かったですが、5勝1敗ですから、まー何とか
少しはプラスになりました。


さて、今日はひとつお知らせがあります。

稼ぐ系のお話しで、輸入ビジネスの説明会(無料)になります。

僕もこの説明会に申し込んでみました。

僕が行くことに決めた理由は、このビジネスが事前に商品を購入して在庫を
抱えるようなリスクがないこと。

つまり売れてから仕入れればいいということ。

なので、このスキームでバイトを雇ってペイするかどうか?自分で
やってみて、もしペイすればあとはバイト君たちにガンガン回して
もらおうかと。。。

そんな発想です。

https://www.summerwind.co.jp/import/order/

リンク切れの場合は締切なのでご了承ください。
(詳細は後段に)

才能もいらないし、再現性は高いということなので自分で確かめに
行ってきます!

上記、アフィリリンクでもなんでもないので、もし申し込みする際は
備考に「吉田の紹介」とか、「tradersmeetingのブログを見た」とか
書いていただけたら、とても嬉しいです。

申し込み後、メールいただければ、自分の方から次回メジャーSQプレイ
のシナリオをプレゼントしちゃいま~す!

tradersmeeting@gmail.com

以下、輸入ビジネスについてです。
自分に来ているメールをほぼそのままコピペします。



あ、ちょっとまって。

巷に同じようなコンセプトの案内とかいっぱいありますが、
ちょっとそれらとは違いますので、ご安心を。


まず、ご存知と思いますが、「海外輸入転売」とは、
文字通り、

「物価の安い海外から商品を仕入れ、
世界有数の物価が高い日本で売る」

というビジネスモデルです。


世界中には、安くてニーズのある商品が星の数ほどあります。

そんな商品を海外から輸入して、自社サイトや、amazon、
ヤフオクなどで転売して利益(差益)を出そうというのが
「海外輸入転売」なのです。

「そんなことは知っている」と言われそうですが、もう少々
聞いてくださいませ(笑)。


で、当たり前ですが、商売の鉄則は、
「安く仕入れて、高く売る」ということですから、
まぁ、非常に理想的なビジネスモデルといえます。


ここで、皆さんはだいたいこう思われます。

・海外から輸入なんて私には無理…。

・英語、外国語が出来ないので無理…。

・ニーズのある商品など分からない。

・海外のものは偽物が多いのでは?

・為替の影響を受けるから、円安になると利益がなくなる。

・海外の代行業者に頼むのが不安。


しかし、結論的には、上記、全くもって心配ございません。


まずは、以下の実績をご覧下さい。

https://www.summerwind.co.jp/import/jisseki.pdf

※PDFファイルです。大きさは100%ぐらいでご覧下さい。


ということで、こちらはうちの社員さんの実績です。

もちろん、渡部と違って彼らは英語もできませんし、
最初は当然売れる商品もわからず、何もわからない
状況から初めてます。

(自分もアルファベットを言えるぐらいですが)

よって、そのようなことは、まずもって気にしなくても
十分稼げますのでどうぞご安心下さい。

※「彼」と書きましたが、1名は男性ですが、
(稼ぎが多い)もう1名は女性です。

ちなみにその女性の師匠はこのビジネスで、
年商1億まで上り詰めました。ので、私が
発案者というわけではございません。


「ほぉ…。なるほどね。では、まず、差額で儲かる。
ということはわかった。では、どうやってその該当の
商品を探すのか?」

ということですよね。一番の問題は…。

そうなんです。で、ちょっと思い浮かべていただきたいのですが、
何千人、何万人という人が欲しがっているものを
安い価格でネット上に出品すれば、確実に売れてしまい、
利益を手にできると思いませんか?

多くの人が転売系ビジネスで挫折してしまうのは、
ニーズの高い商品を継続的に仕入れることができない。

これにつきます。

世界中には、当然星の数ほどの商品があります。

日本で転売すれば、大きな利益を生むものもありますし、
見向きをされないものも当然あります。

目利きの力をつけるということは、経験と勉強が必要になり、
これがあれば当然稼げます。

でも、そんなものは分かるはずもありません。


よって、結論からいうと、それを

「半自動で抽出してくれるツールを当社が提供します」

ということです。


ですので、はじめから、

「すでに儲かる」という商品しか出てこないのです。

※儲かる=差額を抜ける。

あたりまえですが、自分がほしい希少なブランド品
(後述しますが、グッチやシャネルといった“本物の”
ブランド品のみを扱います)も、最安値で変える。
という場合もあります。


なお、簡単に書いてますが、このツールは、その筋の
専門家(先の女性の師匠含む)と何度も何度も
協議の上開発され、その後、紆余曲折の実践を経て
何度もバージョンアップを重ねて、ようやく現在に
至っているものです。

が、これを言うと長くなるので、割愛しますが、
これが今回のキモ。といっても過言では無いです。

説明を聞いて実践されれば誰もが納得します。


また、これも商売の鉄則ですが、

「先に払うのではなく買ってもらってから払う」

これに徹すれば、物理的に赤字が出ないのです。

自分が最も重要視する原則です。


今回のスキームは、売れてから仕入れます。

つまり、儲かると分かっている商品しか取り寄せません。

当たり前ですが、扱うのは新品の正規品のみです。

また、こういったスキームですので、初期費用はほとんど
かからないと言ってもいいです。


基本的には、

1、ツールで売れる(利益が出る)商品を抽出する。

2、それを、ある市場に出品する。
(Amazon、ヤフオクでないところがポイント。
また、出品もツールで半自動で完了)

3、売れたらまずは先に入金を確認。

3、この時点で初めて輸入する。
(英語など出来なくてもOK)

4、購入者にそれを送る。


以上です。


これを何回か繰り返して、

「差益で儲かる利益」×「商品数」

が、吉田さんに入る収入となります。

非常にシンプルこの上ないスキームです。


そして!

自分が一番言いたいのは…。

冒頭から申し上げているように、

「再現性」

です。

詳しくお話を聞いて頂ければわかるのですが、結局
先にお話した「何とか塾」ってのはとにかくこれが低いのです。

高そうに見えて(見せている)も実際は檄低なのです。


が、今回のものは、再現性がかなり高い。

そう言い切れます。


ということで、「じゃ、それはなんでか?」を、今、
メールで長々と書いてもどうせ信じてくれる人は少数だと
思われますので、なんと今回は、

「実際に当社の社員が行って利益を出しているその
方法を、吉田さんの目の前でおみせします」

ということを敢行します。

ようは、

「このツールを使ってこのようにして稼いでいますよ」

と。

ここで長々と手順を書くより、実際にやっているその過程を
見て頂ければ一番早いでしょ。

ということですね。


で、本当はセミナー形式にしようかな。と思ったのですが、
それですと、こちらがいかにも出来そうにうまく話す…。
といった(よくある)一方通行になりがちですので、

「参加者を絞って、1クール2時間として10名ぐらいづつ」

と言う形式でやってみたいと思います。

もうこれは個別相談会と言えます。

大勢集めた方が(営業的には)効率的であることは分かって
いますが、たくさんの人に対応すると、どうしても目が行き届かなく
なってしまって、結果、当然、再現性が低くなる。

からです。


講師はもちろん、うちの社員です。

メインの講師は女性でして、お優しい方ですので、
初心者さんにも優しく教えてくれると思います。

尚、そちらでは、基本的に何を聞いて頂いてもOKです。


ちなみに、参加費は「無料」です。

よって、ご興味がある際には、ぜひこの機会にお越しいただき
全てを聞いて頂いた上で、もし、「これなら出来そう」と思った際には
その後、ぜひ、同士としてコミニュティにご参加頂ければ。
と思います。


そちらは有料とはなりますが、その場合は、当社の社員と
同じように、海外輸入ビジネスできちんと利益を出して
いただけるよう、常に全力投球でお教えしていきます。

ちなみに、同様のことをすでに以前行ったのですが、
結局、最初は無料でみてもらって、その後、有料の授業
(やり方を教える)、となるわけですが、その入会率は
50%を超えます。

つまり、聞きに来た方の半分が参加します。
(といっても、規模が少人数ですので、そもそも
まだ参加人数は少ないですが)

通常、こういったものの入会率は10%もいかないので、
いかに皆さんが「それなら出来る」と思うか。ということを
物語っている数字だと思います。

※ちなみに同じことをする競合が増えても、商品は
星の数ほどありますので、影響はありません。


で、目安といいますか、6カ月後には平均で30万円の利益を、
1年後には堅実に月100万円を目指してもらいます。

繰り返しますが、基本的にやって頂ければ誰でも
稼ぐことが可能です。

ただ、巷の塾が教えるように、放ったらかしでは稼げません。

会社でも動かなければ収入が途絶えますね。

それと同じです。

どちらかと言うと「労働対価」とはなりますが、確実に
誰であっても収入になります。

※当然その労働時間が長ければ長いほど収入は
上がりますので、貪欲に稼ぎたい場合はぜひ
そうして下さい(自分だったらそうします)。


先にちょっとお伝えしましたが、当時、自分は精神病でした。

協調性もなく、外で稼ぐのは、伝えるのは難しいですが、
相当な苦痛でした(簡単に書いてますが、死ねたら
どんなに楽か、とも思いましたが、当時子供も小さく
それは出来ませんでした)。

それを救ってくれたのが「インターネットビジネス」だったのです。

今の日本にはそういった人が大勢いると思います。


また、社会に頼っていても勝手に収入は生まれません。

年金はもう当てに出来ないのはわかりきってます。
(私は諦めてます(でも役員だから積立は払ってます(笑)))

組織に雇われていれば、明日から来なくていいですよ。

そう言われたらある意味終わりなんです。

よって、自身で、お金を稼げる力。が必要だと思います。

もっと言えば、必要ではなく「必須」だと思います。
自分の考えでは(恋人、家族がいるならなおさら)。


これなら、どなたでも出来ると思います。

なぜか?

やるルーチンは全て決まりきっていて、才能や裁量は
全くと言っていいほど必要ないからです。


それを、当社の社員2人がそこでお伝えしますので。


では、繰り返しとなりますが、なぜそのようにまで
「再現性が高い」といえるのか?を裏付ける上で
お伝えしたいこと…。

実はすでにこの手法を教えしているお話はしましたが、
すでに結果を「実際に」をだして頂いていることが一番の
理由です。

以下をご覧下さい。

https://www.summerwind.co.jp/import/koe.pdf

※PDFファイルです。大きさは100%ぐらいでご覧下さい。

いかがでしょうか?

そもそも、まだお教えした人数が少ないので、圧倒的な
数の感想はありません)、皆さん、着実に結果を出しております。

これが、「再現性が高い」と言える理由なのです。


また、もともとのこの手法を使った実績自体は、
(先の女性の師匠は)実は10年以上ございまして、
付け焼き刃などでは全くございません。

すでに、ネットビジネス未経験者のかた含め、
多くの方が結果を出されております。

(そこには、圧倒的な実績、感想があります。)


いかがでしょうか?

吉田さんも、我々と一緒にこの手法で稼いで生活を
ぜひ豊かにして行きませんか?


なお、今回の参加は無料ですが、それを全て見て頂き、
納得頂いた上で、コミニュティにご参加された場合は、

我々チームが、個別面談、スカイプ面談、メールサポート
などを通して、吉田さんを指導していきますので、例えば
マニュアルを渡して「はい、頑張って下さい」というものでは
全くありません。

※もちろん、渡部も参入します。


慣れれば全く問題なく誰でもできますが、まずはそこまでは、
こちらで全てバックアップをさせて頂きますので、途中で
くじける。ということもなく進めて行けるものと思います。

本当に全力でサポートして、ネットで稼げる仲間を、
ぜひ、今こそ増やしていきたい。そう思っております。


ということで、その説明会ですが、9月の5日(金)、
6日(土)に行います。

昼12時から2時間1クールで1日3回、合計6回行います。

時間は、12:00~14:00、14:00~16:00、16:00~18:00、
(実際には1時間50分ほど)。

となります。

よって、ご希望のお時間にご参加頂ければと思います。


では、お申込受付は、明日の午前、とさせていたきまして、
参加フォームを準備してまたメールを差し上げますので、
ご希望の場合はぜひそちらからお知らせ頂ければと思います。

※定員が埋まり次第終了となります。

※場所は一応東京駅付近を予定しております。


ぜひ、今回のこのチャンスに私達と一緒にネットを
使って稼いでまいりましょう!

繰り返しですが、全力でサポートさせて頂きますので。

しつこいですが、渡部本人も。


では、そういったところで、このたびのご連絡は以上です。

長文、最後までお読みいただきありがとうございました。

===ここまで===


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


日経225ミニ先物 ブログランキングへ

スポンサーサイト
2014/08/22

FOMCプレイの経過

FOMC議事録公開について、この前の記事で以下のように書きましたので

「本日の寄り引けは売り、ONも売り、明日の寄り引けは買い、ONも買い

のバイアスが優勢と見ています。」

結果の方を見ておきたいと思います。

8月20日 
寄り引け 売り ラージ+60円、ミニ+55円
ON    売り  ラージ-110円、ミニ-100円

8月21日
寄り引け 買い ラージ+20円、+30円
ON    買い  ラージ+70円、+60円

ラージ合計:+40円  ミニ合計:+45円

何ともショボイ結果です^^;

それとこのブログだけをご覧いただいている方には、大変申し訳ないのですが

21日以降の売り買いにつきましては、メルマガにて20日にお送りしていまして

そちらの方は、本日の寄り引けは売り、ONは買いになっています。

いま出先なので先ほどチラッと相場を見てみましたが、少し下げてくれて

いるみたいです。

昨日の安値で下げ止まっている感じですが、大引けで買戻して

ドテン買いで夜に突入してみまようと思います。

それではどうもありがとうございました。

今後ともよろしくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


日経225ミニ先物 ブログランキングへ

2014/08/20

FOMC議事録公開日 

おはようございます、TradersMeeting吉田裕章です。

この銘柄、今年の出世株でしたが直近では随分下げて来ましたので

監視対象に加えて、昨日から拾い始めました。

とは言え、上値は重いでしょうから、あくまでも少しずつ。。。

臆病に、、、チキンで行きます。


201408201.png


さて、本日はFOMC議事録公開日ですね。

FOMC議事録公開は年8回ありますが、この時期(8月後半)のものだけ抽出すると

直近はこんな感じになっています。

発表当日の寄り引け

2007年 +60円
2008年 +90円
2009年 +30円
2010年 -190円
2011年 -10円
2012年 -50円
2013年 -20円

なんだか2010年を境に弱くなった感じですね。

ちなみに、発表日(本日)の引け⇒翌朝決済の数値は

2007年 -120円
2008年 -30円
2009年 -60円
2010年 +20円
2011年 -20円
2012年 -20円
2013年 -100円

こちらは+20円と小幅なプラスが1回だけと弱いですね。

NY株高が続く中、2010年から先週まで5年弱で

水曜の大引け買い⇒翌朝決済の

数値は+990円と、あまり大きな数字にはなっていません。

(以前は買いでもっと大きな数字が出ていたのですが。。。)

ザックリですが直近傾向では

本日の寄り引けは売り、ONも売り、明日の寄り引けは買い、ONも買い

のバイアスが優勢と見ています。

それでは本日もよろしくお願い致します。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


日経225ミニ先物 ブログランキングへ

2014/08/15

リアルタイムマーケットプロファイル 戻り売り


現在15310円のパーフェクトモードの下で推移。

ここからAテールが消滅する15320円タッチまでは戻り売り。

昨日の安値と本日の安値が並んでいる15270円を割れれば15240円への

動きが瞬間的に加速するものと見ています。

20140815mp1.png

15190円にオリジナルターゲットがありますが、その下にある

2日連続のモード、15170円があれば反発狙いのポイントで見ています。

今日も昨日同様レンジかもしれませんが、現状、15270円割れは要注意。

上はAテールが消滅してからで十分かと。。。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


日経225ミニ先物 ブログランキングへ


2014/08/15

2014年8月15日 陽線新値3本で売り向かい


昨日の日経平均は現物25MAにタッチしてあとはもみ合いでした。

先物は15310円にパーフェクトモードを形成。

窓埋めは達成したものの、その後は膠着してしまいましたね。

昨日同様、ここからはKレッツジ、OT(オリジナルターゲット)を見て行きますが

15410円、420円付近は極端に上値が重くなると見ていますので、もしあれば

売りで入りたいところ。

↓は日経平均のチャートですが、61.8%戻りは15375円付近です。

ただ、CFDのチャートでは15350円付近が61.8%になっているものもありますので

ここからの上値はやはり少し重たいと見ています。

(中長期で株をホールドされる方は、こんな水準で買う必要はないと思ってます。
まだまだ急落を待つ姿勢でいいのではないでしょうか?)


それから、下のチャート通り、日経平均は陰線新値5本形成後の

陽線新値3本ということで、セオリー的には売り向かうところ。

ということになっております。


20140815nk.png


下方に関しては、まずは先日までの上値抵抗だった15240円付近。

ここに窓を開けていますので、一旦埋めに行ってもいいと思っています。


NYはこんな感じで、まだ半値戻りを達成できていません。

 20140815NY.png


それと、再三書いている最弱のDAXは↓ 38.2%戻りにも達していません。

20140815DAX1.png

こんなチャート載せるより、検証結果書いた方がいいですかね?

ご意見などありましたら、以下までお寄せくださいませ。

役に立たないブログやってても仕方ないですからね。。。^^;

tradersmeeting@gmail.com

それでは本日もよろしくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


日経225ミニ先物 ブログランキングへ




2014/08/14

MPから見たオリジナルターゲット


おはようございます、いまラジオで速水氏が「閑散に売りなし」と言っていますが

参考までに、2009年からのお盆の時期(8月9日から8月16日)の4本値を

この記事の最後に掲載しておきますので参考にされてください。

さて、昨晩のCMEも高く、先日指摘した8月5日と6日の間にあるマドを今日は

一気に取ってくる勢いです。

で、その上は↓の左端にある、Kレッジ。

それからその上にある、OTL(オリジナルターゲットのLOW)という感じですね。

20140814mp1.png

もちろん、25MAが今朝の寄り後の焦点になりますので、その攻防で

どちらが勝つのか?というの目線で見て行きます。

個人的には、寄りから高い所fがあれば売って行きたいと思います。

特に上記、Kレッジ、オリジナルターゲット達成を見て行きます。

オリジナルYレシオは、昨日段階で-1.15Point

まだ若干買い有利ですが、少し売りで追いかけてみようと思っています。

それでは本日も頑張って参りましょー!


8月9日から16日まで

曜日、日付、始値、高値、安値、終値、当日比  です。

月 2009/8/10 10550 10600 10480 10550 0
火 2009/8/11 10530 10600 10510 10580 50
水 2009/8/12 10490 10530 10430 10440 -50
木 2009/8/13 10520 10560 10490 10520 0
金 2009/8/14 10520 10640 10510 10590 70

月 2010/8/9 9510 9570 9500 9560 50
火 2010/8/10 9620 9670 9500 9540 -80
水 2010/8/11 9430 9450 9270 9280 -150
木 2010/8/12 9120 9210 9050 9190 70
金 2010/8/13 9200 9280 9150 9270 70
月 2010/8/16 9130 9210 9080 9180 50

火 2011/8/9 8770 9000 8650 9000 230
水 2011/8/10 9150 9160 9010 9020 -130
木 2011/8/11 8830 8990 8810 8980 150
金 2011/8/12 9090 9090 8920 8960 -130
月 2011/8/15 9080 9120 9020 9060 -20
火 2011/8/16 9130 9150 9070 9070 -60

木 2012/8/9 8860 9000 8850 8970 110
金 2012/8/10 8930 8950 8850 8870 -60
月 2012/8/13 8870 8900 8860 8870 0
火 2012/8/14 8890 8970 8890 8930 40
水 2012/8/15 8950 8960 8850 8920 -30
木 2012/8/16 8960 9100 8950 9080 120

金 2013/8/9 13670 13760 13510 13670 0
月 2013/8/12 13500 13660 13410 13510 10
火 2013/8/13 13720 13880 13680 13850 130
水 2013/8/14 13930 14060 13730 14010 80
木 2013/8/15 13830 13980 13700 13790 -40
金 2013/8/16 13520 13740 13520 13670 150

月 8月11日 15070 15170 14970 15130 60
火 8月12日 15160 15240 15110 15160 0
水 8月13日 15130 15240 15100 15220 90


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


日経225ミニ先物 ブログランキングへ

2014/08/12

CFDで見る抵抗ライン

日経225先物、本日の寄りはミニ15150円。

その後9時15分から買いが入り、現値15210円。

想定通りの買いバイアスで、一旦210円の抵抗ラインで揉んでいます。

この上は、CFDでの抵抗ラインが↓ 15244円付近にあります。


20140812CFD1.png


一目・基準線(日足) 15215
一目・転換線(日足) 15215
一目・転換線(週足) 15215

で揉んで抜ければ15244へ

その上は、先ほど書いたマドが抵抗ラインでしょうか。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


日経225ミニ先物 ブログランキングへ

2014/08/12

日経225先物 本日の上値目途

おはようございます。

昨日のブログで

「金曜日の寄り引けで急落が起こり、その流れが月曜の

寄りまでに変化し、上昇して月曜の寄りをを向かえると、

その流れが火曜の引けまで継続されるケースはこれまで

幾度か見られます。」

と書きました。

本日もこの傾向が見られるかどうか?

未来のことは分かりませんが、日足雲上から夜間高値を

クリアして日足転換線、基準線の位置する15210までの

戻りは一般論として期待したいところ。

その上は言うまでもなく、5日と6日の間にあるマド

ということになります。

14/08/05安値(マド上限) 15300
14/08/06高値(マド下限) 15270
OP権利行使価格 15250
一目・基準線(日足) 15215
一目・転換線(日足) 15215
一目・転換線(週足) 15215
大証・夜間高値 15190


20140812MP1.png


オッと、すみません、時間がなくなってしまいました。

下方については時間があったら後ほど追記します。

それでは本日もよろしくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


日経225ミニ先物 ブログランキングへ

2014/08/11

急落時の検証結果を2つ


こんにちは、TradersMeeting吉田です。

本日の日経225先物ミニは、15070円で寄り付き。

その後、14970円の安値を見て、現在15110円と切り返して

来ています。


先週末の金曜日に大きく下落した時点で、うまく買いを

仕込むことが出来ていれば、今朝の寄付きで大きな利益

になっていた訳ですが、こうした急落系の検証結果を

2つ公開しておきますね。

今回は後出しになりますので、次回以降の急落時の

参考にしていただければ。


1、MA乖離

当日の引けは5MA(※)とマイナス2%以上乖離している。

かつ

当日の引けは3MA(※)とマイナス1%以上乖離している。


対象は日経225先物ラージ期近、日中足

※ 5MA:5ムービングアベレージ(5本移動平均)


2009年10月から2014年7月末まで69回発生。

当日の引けで買い ⇒ 翌日の寄りで決済の結果は

+310円。


ただし

当日の引けで買い ⇒ 翌日の寄りでプラスになって

いれば決済する。(ベイルアウトとか呼んでいます)

とすると、プラスは37回で合計+4970円。


一方、マイナスのポジションは、さらにもう一晩持ち越して

翌朝決済することとします。(急落当日から見れば

翌々日の寄りで決済となります)

こちらは32回で合計-2540円。


合計69回で+2430円。1回当たり約+35円


という検証結果になります。


ご参考まで。


20140811ベイルアウト1



2、それと、先日公開した

前日の寄り⇒引けが1%以上の陰線で

かつ

当日が月曜日の場合(今日がその日です)、月曜の

寄り引けは、28回で-870円の下落になっていますが

これを

A、月曜の寄りが金曜の引けより高い場合

B、月曜の寄りが金曜の引けより低い場合

に分けると

Aの時の月曜の寄り引けは、17回で+360円。

Bの時は11回で-1230円になっています。


また、Aの時(今日のケースです)、月曜の

寄り引けがプラスで着地すると、当日のONは

9回で+110円。

ただし、この9回の火曜日の寄り引けの合計は

+780円になっています。


ということで、金曜日の寄り引けで急落が起こり

その流れが月曜の寄りまでに変化し、上昇して月曜の寄りを

を向かえると、その流れが火曜の引けまで継続されるケース

はこれまで幾度か見られます。


以上、短期急落時の検証結果でした。

それでは今後ともよろしくお願い致します。


株式会社トレーダーズミーティング 吉田裕章


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


日経225ミニ先物 ブログランキングへ

2014/08/10

NYの天井が意識されるひとつの理由

20140810NY.png

上のチャートはNYダウの月足チャートです。

2000年の高値⇒2002年の安値⇒2007年の高値⇒2009年の安値

そして本年2014年の高値となっています。

つまり、2年下げて5年上昇というパターンが繰り返されるなら、今年は

大きく下げる可能性がある。ということになります。

相場は何年周期とか、サイクルがうまくはまることがありますが

一方で、こうしたサイクルはピタリと当たるというよりは、かなり時期が

前倒しになったり、延長したりしますから、ザックリとこの位のサイクルが

あるらしい。ということを頭に入れておく程度でいいのではないでしょうか?

ただし、時期はザックリでも、こうした事実をしっかり意識しておくことで、これまで

5年間、下げれば買い、で報われたNY株式の見方を修正することに役立ちます。


以前に書きましたが、2014年7月22日よりTOPIX100構成銘柄の株価で

5000円以下の場合に1円未満の呼び値単位を適用、株価に小数点が発生

するという制度変更がありました。


こうした制度変更後、株価が暴落することはよくあります。

2008年9月12日
オプションの権利行使価格が250円刻みになった
リーマンショックは2008年9月15日である。

2011年2月12日
日経225先物ミニの限月が追加になった。
この年の3月11日東日本大震災が起こった。

こうした呼び値の変更や新たな限月、権利行使価格の誕生
などと株価暴落は直接的な関係はないものの注意して臨みたい。
と本年7月25日に書いた。

http://225f225.blog.fc2.com/blog-entry-63.html

直近では少し変則だが、2013年7月16日からオプションが125円刻みになった。
(この発表は4月12日に行われた。 5.23の1ヶ月前になる)

週明けは一旦リバウンドの様相だが、いったい今回の下げはどこまで続く

ことになるか?


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

2014/08/08

週足三尊天井へ?

下のチャートは日経平均株価の週足チャートです。

三尊天井になりかねない形状ですね。

厳しい局面が続くということは、前の記事でも書いた通り、個人投資家

にとってはチャンスだと思います。

じっくり引きつけてから少しずつ買いましょう。(現物株の話しです)

20140808nk1.png

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


2014/08/08

米10年債金利

-390
-350
-40
-190
-150

と、このところ下落が続いていた、SQ前日の大引け⇒SQ日の寄付

ですが、今回も下落になりそうですね。

さて、その理由のひとつと言ってもいいかもしれませんが、どうにも

米10年債金利が下げ止まりません。

20140808us10b15.png

上記はCFDの15分足ですが、昨晩も利回りは大きく低下。

これを受けてドル円も円高方向に動いています。

(場中はドル円はもちろん、こうした米10年債やJGBなどの動きを
見ておくと役立つことが結構あります)

以前にも書きましたが、問題は金利が低下してもNY株が上がらないこと。

GDPが良くて金利上昇懸念との理由で米株は下げ始めましたが、その後、

こうして金利が下がっても株が戻らない。というのいまのNY株の問題点です。


さて、昨晩、まぐまぐからメルマガを配信しました。

7月のメルマガにも書きました通り、こういう水準で無理して株を買う

必要は全くないと思います。

個人投資家は持たないリスクなんて関係ないですからね。

十分に下落してから「コッソリ」仕込み始めれば十分ではないでしょうか?

それでは本日も頑張って参りましょう!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

2014/08/07

SQ前後の動き


こんばんは。

TradersMeeting 吉田裕章です。

本日の日経平均は安値15061円まであって、引けは15232円と

+72.58円でした。先物も寄り⇒引けは+50円。

寄り引けはラージベースで、-20円、-170円、-120円と3日続落していたので

やっと小反発といったところでしょうか。

現物の日経平均の安値は、この前の前の記事にある、フィボナッチ

38.2%押しの15073にワンタッチしてからの戻りになっていますので↓

http://blog-imgs-70.fc2.com/2/2/5/225f225/20140807hike225.png


普通に見れば一旦反発を期待したいところですが、それよりもSQバイアス

の方が気になります。

裁定買い残がここに来て再び3兆円を超えて来ていますので、ちょっとどうかな?

と思っています。

さて、以下は2010年12月以降のSQ日です。

2010/12/10
2011/1/14
2011/2/10
2011/3/11
2011/4/8
2011/5/13
2011/6/10
2011/7/8
2011/8/12
2011/9/9
2011/10/14
2011/11/11
2011/12/9
2012/1/13
2012/2/10
2012/3/9
2012/4/13
2012/5/11
2012/6/8
2012/7/13
2012/8/10
2012/9/14
2012/10/12
2012/11/9
2012/12/14
2013/1/11
2013/2/8
2013/3/8
2013/4/12
2013/5/10
2013/6/14
2013/7/12
2013/8/9
2013/9/13
2013/10/11
2013/11/8
2013/12/13
2014/1/10
2014/2/14
2014/3/14
2014/4/11
2014/5/9
2014/6/13
2014/7/11

そして今日は8月SQの前日になりますね。

ちなみに、上記SQ日の前の日の大引け(15:15)で買い⇒SQ日の寄りで決済
(ここでは限月交代は無視して全てラージ期近で調べています)
すると、以下のような結果になります。

SQ前日
ON
-30
0
-40
-160
-30
50
40
90
110
-90
-20
40
-130
70
0
70
120
-20
-10
-10
-40
70
-10
-90
-60
150
-150
60
-40
330
410
-10
50
-50
110
-210
100
-80
20
-390
-350
-40
-190
-150

合計-510円

直近5回の下げは大きいですね。


続いて、SQ当日の寄りで買い⇒大引け(15:15)で決済した結果です。
SQ当日
寄り引け

-40
-60
40
-110
210
-80
-30
-10
-130
-50
-10
-30
-30
50
-40
10
-20
-60
-170
10
-60
20
20
10
60
20
-70
190
50
100
-90
10
0
40
100
50
10
90
-190
-140
120
110
330
70

こちらの合計は+300円。

6月の+330円の時はすごい相場でしたね!

続いて、SQの日の引け(15:16)で買い⇒翌日寄りで決済した結果は

以下のようになっています。

SQ当日
ON

0
50
60
-670
-60
-90
-110
-100
120
-190
HI
140
140
-100
-30
110
-120
30
190
20
0
20
-20
-40
160
90
250
50
-160
120
-220
140
-170
80
110
220
-70
-380
0
-40
-170
-40
-110
30

合計-760円

ということで、全体的には大きな偏りは見られませんが、

直近に限ってみると

SQ前日のONの数値が大きくマイナスしていること。

SQ日の寄り引けは直近4回は↑方向であること。

しかし、SQ日のONは再びマイナスが多いこと。

つまり、下げ、上げ、下げのパターンになっているように感じますがどうでしょう?

まとめて表示すると以下のようになるのですが、見づらくてスミマセン。

左から、日付、SQ前日ON、SQ当日寄り引け、SQ当日ON、

一番右がSQ翌日寄り引けの数値です。

2010/12/10 -30 -40 0 70
2011/1/14  0 -60 50 -50
2011/2/10  -40 40 60 50
2011/3/11  -160 -110 -670 -40
2011/4/8  -30 210 -60 10
2011/5/13  50 -80 -90 -20
2011/6/10  40 -30 -110 60
2011/7/8  90 -10 -100 20
2011/8/12  110 -130 120 -20
2011/9/9  -90 -50 -190 20
2011/10/14 -20 -10 HI 10
2011/11/11 40 -30 140 -20
2011/12/9  -130 -30 140 -40
2012/1/13  70 50 -100 -20
2012/2/10  0 -40 -30 60
2012/3/9  70 10 110 -150
2012/4/13  120 -20 -120 -50
2012/5/11  -20 -60 30 -10
2012/6/8  -10 -170 190 -10
2012/7/13  -10 10 20 30
2012/8/10  -40 -60 0 0
2012/9/14  70 20 20 -30
2012/10/12 -10 20 -20 50
2012/11/9  -90 10 -40 -30
2012/12/14 -60 60 160 -100
2013/1/11  150 20 90 -30
2013/2/8  -150 -70 250 -50
2013/3/8  60 190 50 20
2013/4/12  -40 50 -160 0
2013/5/10  330 100 120 40
2013/6/14  410 -90 -220 510
2013/7/12  -10 10 140 -10
2013/8/9  50 0 -170 10
2013/9/13  -50 40 80 -120
2013/10/11 110 100 110 -60
2013/11/8  -210 50 220 -30
2013/12/13 100 10 -70 -190
2014/1/10  -80 90 -380 -120
2014/2/14  20 -190 0 80
2014/3/14  -390 -140 -40 90
2014/4/11  -350 120 -170 60
2014/5/9  -40 110 -40 0
2014/6/13  -190 330 -110 -110
2014/7/11  -150 70 30 120

ご参考まで

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

続きを読む

2014/08/07

Kテール消滅

20140807mp1.png

Kテール、あっさり消滅しました・・・

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

2014/08/07

日経平均下値目途

5月の安値13964円、先日の高値15759円(1795円幅の上昇)からの下落で

現在、陰線新値4本という状況です。

今日は3空でのスタートになりそうかな?と思ったら、随分と高く寄ってきました。

昨日のKテールを寄りから否定してくると思ったんですが、そうはならず。

ということで、このKテールは重要ですね。

一応、フィボナッチは↓のような感じになっています。

ご参考まで~

20140807nk.png

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

2014/08/06

今日は小梅太夫だ! 2014年8月6日 

本日の寄り引けは、ラージ、ミニとも -120円。

完敗です。

後講釈はなし。

実力が足りないから負けた。

という以外にありません。


koume.png


ちっっっ くしょ~~~~~~~~~~!!!!(笑)



2014/08/06

陽線新値15本、陰線新値3本が?

おはようございます。

今日の寄り引けは買いから入ります。

(根拠は以下の陰線新値3本とは全く別の統計的なものになります。)

さて、以下は5月後半から上昇してきた日経平均株価のチャートです。

ここまで陽線新値が15本。

その間、陰線新値3本が○でかこんだ5回目になります。

これは結果論なのですが、こうした上昇相場では陰線新値に買い向かって

行けば勝てます。(結果論です)

20140806.png

実際には建玉の増やし方、減らし方がとても重要ですし、トレンドが継続しない

場合は負けますので、当然のことながら万能ではありません。

ただ、高値から下げて来た相場をどう見るか?

安値から反発して来た相場をどう見るか?という視点においては役に立つかもしれません。


今日は寄りから買いで入ってみます。

下げるようならナンピンもする予定ですが、勝っても負けても大引けで全部決済します。

それでは本日も張り切って参りましょうーーー


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


2014/08/04

2014年8月4日の成績 引け際の下げ

本日の日経225先物は、

ラージ 15480、15540、15430、15460 寄り引け-20円

ミニ 15490、15540、15430、15455 寄り引け-35円でした。

寄りから下がったものの、切り返して引け際に再度売られました。

引け際はドル円が上昇する一方で、先物だけ売りが入るという、何とも

売り方には嬉しいけど、買い方は納得が行かない下げだったのではないでしょうか?


ドル円↓5分足 引けにかけて上昇

20140804dy5m.png


日経225先物は引けにかけて下落↓

20140804mini5.png

20140804mini52.png



今日の現物225の引け値は 15474円。

対して 日経225先物ミニの引けは 15455円 と下方乖離です。

この前の記事では買いポジを持っていて、上方へ乖離。

今回は売りを持っていて下方へ乖離してくれました。

これをラッキーと言わずして、何をラッキーと言うのか!と思ってしましますが

実は、本心ではラッキーなんて微塵も思ってないんです。

こういうこと言うから偉そうに!と思われるんですが、ウソついても仕方ないですから。

詐欺師ばっかりだから、、、ネット上は。

なので、本心で書きますが、こんなのラッキーなわけないです。

昔は負ける側にばかりポジションを持っていたので、よくわかります。

ホント、日経225先物は個別株とは違う難しさ(あるいは簡単さ)があります。


ただ、それを解明する前に諦めたらそこでおしまいです。

マーケットから

「あんたの能力は所詮そんなもん。」って烙印を押されておしまいです。

それを自分で認めるか?認めないか?


経営者だって、トレーダーだってわがままじゃなきゃダメなんです。

現状をよしとせず、地団太踏んでそれを突破して行く馬力がないと。

妙に物わかりのいい奴が一番駄目。

ニコニコして、「ついてるついてる」って呪文唱えて、いったい何が引き寄せられると

期待しているんだか?(笑)

そんな楽して突破しようとする腐った根性じゃー

ティッシュペーパーで出来てる壁すら突破できないでしょう。

自分でぶつかって、自分の頭で考えて、跳ね返されて、転がって

それでも、諦めないでぶつかって行かないと、そんなに物事簡単に

突破できるわけないと思いますよ。

あ~根性論みたいでイヤですが、これ事実です。

ネット上で稼いでる振りしているやつを大勢知ってますが、死ぬほど

仕事してます。

仕事してない振りをして、そういう理想の姿を見せつけないと商品が

売れないから。ブランディングとかクソみたいなことを言ってますが

要は詐欺ですから(笑)

と、、、、毒を吐きまくって本日はこれまでといたします。

日経平均は先日陽線新値15本が立ちました。

対して、本日で陰線新値2本です。

NYは陰線新値5本目に大陰線のパターン。

DAXは見るまでもないです。

日本のザラ場中に2.5%を回復した米金利は、17時現在、再び

2.4%台に下落。

ドル円も欧州時間から円高方向へと動き出しています。

最大のリスクを無視して、なんで株を買う人ってそんなに焦って買うんでしょう?

不思議で仕方ないです。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村





2014/08/04

明日の寄り⇒引けは?NY,DAX急落

まぐまぐからメルマガ配信しました。

今回は

日本株の買い場はいつ​か?中長期トレードの​極意とは?

という題名ですが、8月4日の寄り引けの予想やその裏付けの

検証結果なども公開していますので、宜しければ、メルマガの方も

ご登録いただけたら嬉しい限りです。



さてさて、警戒していたDAXは下げがきつくなりましたね。

DAX日足
20140803dax.png


こちらはNYの日足です。
DAXともどもひどいですね。




1、直近の相場と現物株の中期トレード

ネット上にある、数々の後講釈を読むと、

米GDPが予想より良くて米金利が上昇。

早期利上げ観測が台頭して米株下落となっていますが、

1日の米雇用統計が予想を下回ったことを受けて米金利が

下落し再び2.5%を割れて来たにも関わらず、米株が上昇

せず、続落となると今度は分かりきっているアルゼンチンの

デフォルトとポルトガルのエスピリト・サント・フィナン

シャルグループの問題が原因と報じています。


エスピリト・サント・フィナンシャルグループの経営

危機説が表面化したのは、7月10日で、この時すでに

欧州株は大きく下落していますから、何をいまさら?と

思うわけでして、要は、NY株は内部要因で下げているだけで

理由は後からついて来ているだけに過ぎませんね。


米株もDAXもとても危険な状況になっているわけですが、

中期的に見れば、ここで大きく米株なりDAXが下落して日本株も

連れて下落となれば、そこは日本株の絶好の買い場になると見ています。


ということで、日本株については中期的に強気に見ていますが

その根拠はいくつかあるので、機会をみてまたメルマガで

書いて行きたいと思います。


14000円以下などの株価は年内にあるか?ないか?分かりませんが

もしあれば、そこからは下は、(現物株の中長期トレードとして)

断固、分割買い下がりで良いのではないでしょうか?


前回も書きましたが、いまは高所恐怖症ですから、持ち株は

極力少なくして現金比率を高めておく。

仮に上記のような下落があれば、14000円付近から分割で買っていく。

という戦略を取りたいと考えます。


そこまで下げずに上に行ってしまったら、それはそれ。

また逐次考えて行けばいいと思います。


最悪なのは、ダボはぜ的な発想です。


つまり、買わないで株が上がっていくのを悔しがること。

そしてその悔しさから、上がっていく株を追いかけて買うことです。

こうした欲にまみれたダボはぜ的発想・行動は厳に慎まねば

なりません。


チャンスなんて、待てばいくらでもあります。

とにかく、大きく下げた時に買えば良いのです。

焦らないこと。

これが重要なので、いまの相場付きで買って出る必要は

ないと感じます。


2、検証結果を交えて

さて、ここからは短期的な検証結果をひとつ。

8月1日の日経225先物の日中の終値は15580円。

対して、CMEの終値は15415円でしたので、約1%程度の

下げで8月4日はスタートとなりそうです。


むかし、NY逆張りという戦略が流行ったことがありますが

当時は、NYダウが前日比2%以上上がったら翌朝の日経を

寄りで売り、大引けで決済(買いは逆)なんて言うのが

ありました。


それはそれで良いのですが、今回はNYの株価ではなく

単純に、前日の日中の終値⇒当日の始値の差

を考えてみます。


例えば、8月4日に想定される約1%程度の下落を

「当日の日経225先物の寄りは、前営業日の終値比

▲0.5%~▲1.5% の下落ということで抽出してみますと


2009年10月~2014年7月

241回、寄り⇒引け はトータルで+550円。


となります。

この数値だけ見ると、大きく下落して寄りついても

単純に「買い」で良い、とは言えない。ということが

結果として出ています。


前日の日中の終値⇒当日の始値の差

が1%程度も下落しているのであれば、多く場合NY市場が

大きく下落しているのでしょう。

しかし、ここ5年弱、241回のトータルで、翌日の日経は

わずか+550円。

1回当たり2.28円という、何とも特徴のない数値に

なっています。


しかし・・・・・・・・・・・・・

例によって、これを曜日別に見てみますと。。。


月曜日は 42回あってトータル -1110円。となります。

1回当たり-26.42円。



もう一度確認しておきます。

当日の寄り値は、前日終値の-0.5%~-1.5%。

当日が月曜日の寄り引けの検証結果は

42回で-1110円。

検証期間は2009年10月から2014年7月。

という状況です。


上記には全くテクニカルを入れていませんが、

以下のようにテクニカルというか、値位置などを絡ませて

考えることは重要です。


<実例>

昨日の高値は、直近13日間の高値である。

昨日の大引けと本日の寄りの差は、-0.5%~-1.5%の範囲内である。

この条件で2009年10月から検索しますと、当日の寄り引けは

49回で+1550円。という検証結果。

ちなみに上記は2014年8月1日がこれにあたります。

7月31日の引け 15650円 ⇒ 8月1日の寄り 15510円

というパターンです。

7月31日に直近の高値15770円を示現しています。

こうしたパターンでは「買いバイアス」が存在するのか?

8月1日の引け、15580円は現物の終値15523円から大きく上方

に乖離しました。

現物が引ける15時から、先物が引ける15時15分までの

動きを見ていた方は、かなり違和感を覚えたのではないでしょうか?

ちなみに上記の値動きには明確な根拠はありません。

※説明しようと思えばできますが、それはこじつけとも
 取れますのでやめておきます。


さて、実は、こうした明確な根拠はないものの、なぜか?

相場が同じような値動きを繰り返すパターンは本当に多く

存在します。


相場とは多くの場合、こうしたパターンの繰り返し。

とも言えるのではないか?とすら感じることが間々

あります。


8月4日がどのような値動きになるのか?は誰にも分かりません。

しかし、上記のようなパターンの繰り返しから見れば

寄り⇒引け

は下落する傾向が強い。

ということになります。


※こうした短期予想の勝率は中長期トレードの

 それと違って対して高くありません。

 中長期トレードであれば、勝率は90%近くを出すことも

 できますが(実際に配信している結果として)、こうした

 短期トレードは60%前後しか勝率は出ないでしょう。

 しかし、わずかな優位性を数多くこなすことで、大きな

 違いを生み出します。

 中長期トレードは保有期間も長くなりますし、場合によっては

 保有中のドローダウンもあります。

 しかし、短期トレードは毎日が「新規建て⇒決済」の繰り返し

 です。

 この点、なにとぞご理解のほどよろしくお願い致します。


それでは今回はこのあたりで失礼いたします。


最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。


TradersMeeting 吉田裕章


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村